老後の不安と投資について

飛んで火にいる素人投資家

マスコミで話題の「節約のプロ」が、外貨建ての保険に

入りました。

売る方はノーリスクで儲かり、買った方はリスクを負い、

元本割れのリスクを伴う危険な商品です。

節約のプロもこれでアウト!?

(被害が拡大した後で政府は対策を取りました。)

素人が安易に金融の世界に飛び込むと

大やけどします!

今まで培った見識、経験判断力は役に立ちません。

これが投資の世界です。

 

年金の目減り、物価の上昇、各種の不安の増加が増す中で

超低金利をカバーするために、あなたはどうしますか?

1、手元の資金を投資に活かして低金利をカバーする。

これが一番金を失う方法

2、低金利時代は、銀行に預けてリスクは、取らない。

最近は、銀行も危なくなってきています。

、タンス貯金、または金庫に入れておく。

まとめて泥棒が持っていきます。

税務署もかぎつけます。

4、お金のことは気にしないで、買い物を楽しむ。

当然、金は残りません。真の生きがいもありません。

残り少ない人生に投資でうつつを抜かしていいですか?

 5、金融商品以外の投資法を研究する。

そこまで智恵が回ればよいですが。

老後を金稼ぎだけで終わりますか?

 6、少しでも働いて、金を稼ぐ。

健康で人生100年時代を生き抜く方法です。

 まじめな人が一生懸命努力して金を失う2大要因

1、⇒家の建築☜こちらも参考に!

ハウスメーカーがあなたの懐を狙っています。

気おつけるのは、特殊詐欺だけではありません。

2、投資(このページから参考に)

家のローンが済むまでに亡くなる人も。

3、保険

素人の方が投資に走る危険性について」

右の「投資適性診断」を受けてからにしましょう。

私の10年間の失敗の経験から書き出したものです。

失敗をする前に、参考にされたほうが良いと思います。

 

金融の世界には、「魔物」が住んでいます!

一度踏み込むと出られません。

 

素人が何の経験も知識もなく訪れるのは

「非常に危険すぎる世界」です。特に老人!

 

退職父さんを貧乏にする投資デビュー」

金融商品に無防備な人は老後の資金を失います。

 

以上の警告が、ウソか本当かは、財産をなくして

初めてわかります。

 

投資の的確な判断ができるのは、45歳くらいまで

一般に、50才以降に投機を始めると、大きな失敗を取り返し、

健康と財産を棒にする。

中高年は、年齢とともに能動性、柔軟性、判断力、直観力、記憶力を失い、金も失う。  

 

人生、「稼げる時期」と

「守りに入る時期」とがあります、

この判断を誤り老兵が、

「戦いの場」に出ていくと当然負けます。

 

例えば、株の評論家のおやじと子供がシュミレーションをした時に

勝ったのは、中学生の子供の方。

 

投資というのは、言うまでもなく

「金銭の損得をかけた熾烈な場」です、

この現実を、忘れさせるのが

証券レデイの笑顔です。

最近は、銀行、郵便局の場合もあります。

証券レデイは客から一人当たり数億金を集めています。

 

プロが運用するという甘い言葉の裏に何があるか、その実態は!

 

投資の心理ー1